林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

未来派左翼下巻

f:id:hayariki2:20161019082000j:plain

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買

ネグリ未来派左翼下巻』は上巻と同様に対話形式で進む。世界各地の比較的新しい左翼の動きを一定評価しながらも限界を辛辣に指摘する。私は逆に本書を読んで左翼の未来に悲観的になってしまった。

たとえば本書は左翼側が土地の家族所有への信仰を有していることを限界ととらえ、土地所有制度の構造的転換を志向する。しかし、現実問題として土地の私所有権は大資本の開発に対する障害になる。強制的な土地買収への抵抗の拠り所になる。

これは日本において特に問題になる。