林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

東急不動産だまし売り対策は東京都議選の争点

f:id:hayariki2:20161227093200j:plain

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙

マンションだまし売り対策は東京都議会議員選挙の争点の一つになります。マンションだまし売りは消費者の損害の上に不動産業者が儲けます。

東急リバブル東急不動産江東区東陽の新築分譲マンションを不利益事実を隠して、だまし売りしました(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。この東急不動産だまし売り裁判において東京都は東急不動産に行政指導するなど一定の役割を果たしました。東京都は東急不動産に東京高裁の和解調書の履行を迫りました。

問題業者の情報を広く公開して消費者の判断材料にします。不動産市場は規範力を持っておらず、公正や正義が欠けています。