林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

動物愛護政策の複雑性

政策「動物愛護センターから殺処分場をなくし、譲渡を目的とした保護施設として運営します。これにより、遺棄や虐待を生まない殺処分ゼロを実現します」について公共政策の複雑性「全体性・相反性・主観性・動態性」の見地から検討する。

第一に全体性である。ペットビジネスの隆盛により、要保護動物が増加し、譲渡では追いつかないという問題がある。ペット産業が「売らんかな」でペット販売用に動物を繁殖し、消費者も安易に購入し、飼育できなくなると捨ててしまう。

このために総合的な政策セットが必要である。別の政策提言「動物の店頭販売を抑制します。ブリーダーは予約が入ってから繁殖するようにします」によって蛇口を規制する。また、政策提言「動物愛護法第44条(刑事罰)を厳格適用して、劣悪な環境での飼育を規制します」によって悪質な事業者を排除する。さらに政策提言「義務教育から動物を慈しむ気持ちを養います。そのために小学校・中学校で動物愛護センター見学を義務化し、動物の置かれた状況を考え話し合います」によって消費者の意識を啓発する。

第二に相反性である。殺処分と比べて保護・譲渡が高コストならば行政コストの増大というデメリットがある。これに対しては別の政策提言「野良動物や保護動物の飼育や医療のための財源を検討します」が回答になる。具体的には野良動物や保護動物がペットビジネスの歪によって生じていることから、ペット飼育者またはペット産業への課税を検討する。

投資マンション迷惑電話

投資マンション迷惑電話

第三に主観性である。そもそも殺処分は許せないものかという価値観の問題がある。死刑制度が廃止されていない状況で、動物の殺処分を優先することのバランスの議論がある。これに対して死刑は犯罪の責任のある人物に対してなされる建前であるが、動物には責任がないという相違がある。また、動物に優しく命を大事にする社会は、人間にとっても生きやすい社会になると主張することができる。

http://www.hayariki.net/kibou.html

第四に動態性である。殺処分の廃止は動物の命を大切にする余裕があって成立する。野犬が人間を殺害するような状況や犬猫の肉を食べなければならないような飢餓状況では、それどころではないという声が高まるだろう。前者は地方では現実に危険があるし、後者も貧困と格差によって生じる可能性がある。殺処分を廃止できることは、社会が豊かであることのバロメータになる。

東急不動産係長脅迫電話逮捕事件

東急不動産係長脅迫電話逮捕事件

東急不動産だまし売り裁判3

東急不動産だまし売り裁判3

Stop Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition

https://www.amazon.com.au/dp/B01M3WRCPF/