林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

回想録

八十年代の東京が舞台である。バブルの時代であるが、書生と芸者という一時代前のような物語である。バブルと異なり、慎ましやかな生活である。私の中の八十年代イメージに新たなイメージを追加させた。

一方で時代らしさが表れている内容もある。書生はサッカー部出身で、日本でのサッカーの普及に情熱を持つ。その頃、私は子どもであったが、野球よりもサッカーが身近な球技であった。