林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

パワーハラスメント

林田力『パワハラ』(江東住まい研究所)はパワーハラスメントパワハラ)やセクハラ、過労死、過労自殺、雇用、労働問題を取り上げる。パワハラは陰惨な暗さと、悪どい貪欲と狡猾さで、人の気持ちを打ち砕く。人間が屈辱を忍ぶことにも限度がある。ブラック企業には人間の弱点を利用して儲ける不潔なからくりや無道な手段を弄する悪臭がある。

パワハラは昭和の日本型組織の悪癖である。警察組織のパワハラが目につく。目の前を火を消すことに思考停止して、特定人に負担を押し付けることを正当化する無能公務員体質がパワハラを生む。これは警察不祥事とも重なる。責任を避けようとするために大事なものを見失う愚かさを責めなければならない。