林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

聖闘士星矢2巻

車田正美聖闘士星矢』2巻(集英社)は黄金聖衣を賭けて青銅聖闘士達が闘う、銀河戦争が始まる。トーナメント形式の闘いである。ペガサスとドラゴン紫龍の闘いは熱い。闘いの後に友情が生まれる王道的な少年漫画である。

しかし、後に判明する女神の目的からすれば、銀河戦争は無駄ではないか。自分を守る青銅聖闘士を互いに闘わせて潰していくことが賢明とは思えない。互いに競わせて残ったものだけを評価する組織体質はブラック企業的である。

そもそも百人の孤児に聖衣を求めて旅出させたことも効率的な方策ではない。ゲームのドラゴンクエストでも国王が自称勇者に僅かなゴールドを与えて竜王を倒してくれることを期待するが、人的資源の無駄遣いである。

これまで作者は熱い男の闘いを描く劇画的な作風であった。これに対して本作品はギリシア神話を背景とし、バトルも超自然的な内容になっている。そのファンタジー性が当時の少年達から支持され、作者の読者層を広げた。それでも、よく読んでみると十分暑苦しい。その暑苦しさは一歩間違えればブラック企業体質と重なりかねないものである。