林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

詐欺師のトーク

さいたま市桜区の住民の不安に詐欺商法があります。マンションだまし売り被害者として詐欺師のトークの特徴を説明します。人脈をひけらかしますが、具体的な決定事項は何も言いません。曖昧なことしか言わず、コミットしません。

詐欺師トークを判定する方法として、相手の質問に対してイエスかノーかで答えられる質問をします。詐欺師は直接答えず、誤魔化し、自分の説明を繰り返します。自分の言いたいことを相手に理解しようとするだけで、こちらの論点は無視します。相互主義がありません。こちらの質問に答えないということは真面目に向き合う気がない、相手を尊重する気がないということであり、詐欺師の確率が高まります。

上記に該当しながら詐欺師でないとしたら、それはそれで問題です。騙すという悪意はないとしても、こちらの期待には応えられない人物です。こちらが相手を理解することはできても、その逆が成り立たなければ相互主義になりません。振り回されて失望を味わうことになります。