林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

スレイマンの妃

『夢の雫、黄金の鳥籠』はオスマン帝国のスレイマン大帝の妃ヒュッレムを主人公とした歴史漫画である。東欧で育ったが、遊牧民にさらわれ、奴隷として売られ、スレイマンのハーレムに入る。

レイマンオスマン帝国最盛期の皇帝である。最盛期ということは、その後は下り坂を意味する。ヒュッレムの介入が宮廷を乱したとされる。

ヨーロッパなどでは悪女として有名な存在である。日本では日野富子に相当するだろうか。日野富子を主人公とした大河ドラマがあった。日野富子を悪女と描かず不人気であったが、本作品も主人公はふてぶてしい悪女ではない。

むしろ、後宮の体制が問題である。主人公は抑圧される側である。主人公が権力を握った後は変わってしまうのか注目である。

オスマン帝国は国際色が豊かである。日本は西欧中心主義の見方が強いが、オスマン帝国をもっと再評価しても良いだろう。