林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

徳田虎雄病院王外伝

大平誠『徳田虎雄病院王外伝・国内最大病院を巡る闘いの舞台裏』は大病院グループ徳洲会の創業者で衆議院議員にもなった徳田虎雄を語るノンフィクションである。

徳田は「生命だけは平等だ」のスローガンを掲げ、患者を断らない病院を開設していった。高齢者の過少医療が問題になる現代でも重要である。

さらに徳田はヒトゲノム解析によるオーダーメイド医療に取り組むという先進性も持っている。平等の強調には標準的な医療を当てはめ、選択の自由を否定する負の面があるが、それに陥っていない。

一方で職員に対してはパワハラ的なところがある。好意的に解釈すれば、患者ファースト故の態度となる。

徳田は日本体操協会の会長になり、体操ニッポン復活に尽力している。徳田が改革した体操協会の状況は、昨今の日本大学のような村社会と共通している。徳田の画期的な改革は理事会を秘密会からマスメディア公開にしたことである。「するとそれまでワガママ勝手なことばかり言ってた人たちが急におとなしくなって、新会長の改革が劇的に進みました」(184頁)。情報公開は改革の1丁目1番地であると再確認した。